FC2ブログ

Entries

食欲の秋・運動の秋・予防の秋?

9月も後半になり、秋も大分深まってきましたね。


秋を見つけにスタッフは先日コスモスの写真を撮りに
でかけました。


20140930コスモス1


ツクツクホウシの声も静かになり、
夕方になるとリーリーとコオロギの声が聞こえ、
ちょっぴり夏の暑さが懐かしくなります。


秋はお出かけもしやすく、
ワンちゃんと紅葉狩りやお散歩にお出かけされる機会も増えます。

実は夏場よりも秋の方がこれからの冬へ向けて
虫が活発になる時期なんです。


蚊によってかかるフィラリア症はもちろんのこと、
ダニやノミも冬場を乗り切るために
感染できるワンちゃんを狙って活発化しますので、
積極的に予防をオススメ致します。


気持ちの良いこの季節、
是非ワンちゃんと一緒にお出かけ楽しまれて下さいね。


かむい動物病院HP
スポンサーサイト

海外から小動物を連れて帰るには・・・!? (輸入編)

こんにちわ、かむい動物病院です。


今日は、動物さんが国を移動する時のことについて
少しお話しようと思います。


th7E6HF67A.jpg


人間が国内外を行き来するときにも
税関で一人ひとり厳重に検査を経て移動することが出来ます。


それは、動物さんも同じ。
「動物の輸入届出制度」というものがあるからです。


この制度は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」
という規定に基づき、国内において輸入動物を原因とする人の感染症の
発生を防止するためのものです。


日本は国内外の人の移動が多い国でありながら、
実は感染症が少ない国
なのをご存知でしょうか?


それは、
1、全体的に温帯であるため、特に熱帯・亜熱帯地域に多い感染症がほとんどない。
2、島国で周囲の国からの感染症の侵入が限られている。
3、家畜衛生対策や、狂犬病対策などを徹底してきたため、国内の発生が激減できた。
4、日本国内の衛生管理が徹底されている。
5、輸出入時の動物の移動も徹底している。


など、様々な理由があります。


世界には、動物から人の間で感染する病気(動物由来感染症=ズーノーシス)が、
知られているだけでも150種類以上存在します。


とくに、SARS・エボラ出血熱・マールブルグ病・ハンタウイルス肺症候群など、
未だ有効な治療法が開発されていないものや、
感染力が強く重症化する病気も沢山あります。


それらの様々な病気が国内に入り込まないようにするのが、
この「動物の輸入届出制度」になるのです。
(犬・猫などは別に検疫制度があるので届出対象外です)

th[9]



ではでは、渡航先で小動物をお迎えした時、
どうしたらよいのでしょうか?


まず、
1、検疫所に連絡 (ここで色々な手順を教えてくれます)
2、届出書を準備する (ウェブサイトで入手できます)
3、届出をする人の身分確認書類を準備する
4、衛生証明書を準備する (輸出国政府機関発行のものに限る)
5、航空運送状の写し (手荷物で持ち込む場合は不要)



4の衛生証明書を発行してもらうことで、
このコは病気にかかっていないので、日本に連れて帰っても問題ありません、
と証明してもらったことになります。
(フェレットは狂犬病の症状がないこと、
狂犬病の発生していない地域・施設で一定期間保管されていることなど)


2~4は、不備がないように事前に到着する空港や海港の検疫所に
ファックスなどで確認してもらうと確実ですね。


以上を準備して、日本に到着した後、
検疫所に提出すれば届出受理証がもらえます。


(ちはみに、ペットのハムスターやリス、モルモット、チンチラなどの
げっ歯類は基本的に日本へ持ち込むことができません。)


届出関係は、随時変更となることがあるので、
詳しい事は農林水産省の動物検疫所のホームページを
ご確認くださいね。


大切なおうちのご家族が離ればなれにならず
一緒に国間を移動でき、幸せに暮らせますように。


かむい動物病院HP

ことりカフェ

こんにちわ、かむい動物病院スタッフEです。


先日、スタッフOが吉祥寺にある「ことりカフェ」に
行ってきました。


そして、お土産に・・・



ジャジャーン


20140924鳥カレンダー



可愛い来年2015年度のカレンダーを買ってきて下さいました!
う・・・嬉しすぎです。
鳥好きのスタッフEにはたまらない一品です。
スタッフOさん、ありがとうございます^^


実はここ最近ジワジワと鳥さんの人気は高まっているような気がします。
数年前には少なかった、
ことりカフェ、ふくろうカフェをはじめとして、
ことりグッズも文房具屋さんであちこち見かけるようになりました。
鳥好きとしては、見つけるとついつい買い集めてしまいたくなります。


鳥さんはカラフルで、動きも可愛らしく、そして寿命も長く、
家族の気持ちを敏感に感じ取り、喜怒哀楽など表情が豊か。
ことりが楽しそうに遊んでいるのを眺めながら
カフェが出来ればそれは癒しの空間ですね。


青山や国分寺、練馬などにも鳥さんのいるショップさんがあり、
スタッフEもいつか行ってみたいなぁ、と切に願っています。


もしことりカフェ行ったよ~!という方がいらっしゃいましたら
是非是非スタッフにお知らせ下さいませ。
お話を聞くだけで幸せになるスタッフがここにいます^^


かむい動物病院HP

今日のわんこ(ペットホテルのももちゃん)

今日は只今かむい動物病院ペットホテルにご宿泊中の
最近可愛らしい毛質が伸びてきたわんちゃんをご紹介致します。


ジャックラッセルテリアのももちゃんです。


20140920ももちゃん1


ジャックラッセルテリアはスムースとロングの毛質があります。
スムースとロングをお父さんとお母さんにもつももちゃんは、
以前は全身スムースさんでしたが、
最近胸の周囲の毛が長くなってきました。
ライオンの鬣のように凛々しくて素敵ですね。


人が大好きなももちゃんは
スタッフがお部屋の近くを通ると、
体を寄せてナデナデしてほしいな、
と甘えてきてくれます。


お散歩は特に大好きで、
軽快な足取りで歩いてくれます。
ごはんは半分以上食べてくれました。


最近大人びた雰囲気で
お泊り中も落ち着いた印象を受けるももちゃん。
数か月見ない間に以前より増してしっかりしてきてびっくりしました。


ももちゃんS様が早めにお迎えに来て下さってよかったね。
おうちに帰られて変わった事がございましたら
何でもご連絡下さいね。


かむい動物病院HP

紫外線は大敵?大事!?

特に女性にとってはお肌の天敵の紫外線!
そんな紫外線、実は生き物にとってとても重要な存在なんです。


紫外線は大きく分けて3つに分けられます。
UV-A、UV-B、UV-C、それらは波長の長さによって分けられています。

UV-Cは当たると組織破壊を及ぼす恐ろしいものですが、
地球を取り巻くオゾン層によって届くことはほとんどありません。

UV-Aは、波長が長く、その35~50%が表皮を通過し、
人の肌を黒くさせる色素沈着を引き起こします。
また、慢性的に浴び続けると、皮膚の弾力繊維などにダメージを与え、
恐ろしいシワやたるみなどのお肌の老化を引き起こす原因となります。


UV-Bは、波長がAほどは長くなく、真皮までは届かず、
主に表皮において肌を赤くさせるサンバーンを起こし、
シミやソバカスなどお肌の乾燥の原因になります。


そんなことを書いてしまったら、やっぱり紫外線は悪者です。


でも、実は爬虫類にとって紫外線はとても大事なんです。

20140919イグアナ1



爬虫類は恒温動物の哺乳類と異なり、
太陽など熱源に当たり体温を上げないと動くこともできません。


その太陽にはもう一つ重要な要素があり
それが紫外線なんです。


爬虫類にとってUV-Bは皮膚からビタミンD3を作るのにとても大切で、
ビタミンDが不足するといくらカルシウムをしっかり摂取していても
カルシウムを上手に利用することが出来ず、
ひどくなるとクル病という骨が曲がってしまう症状があらわれてしまいます。


それは鳥類も重要で、
爬虫類ほどではありませんが、
産卵関係の問題に発展することもしばしばあります。


最近ではサプリメントでビタミンDを含むものもありますが、
何より太陽に当たるという事はとても大切な事なので、
是非おうちのカメさん、トカゲさんには日光浴をさせてあげて下さいね。


他にも、爬虫類にとってUV-Aは、
脱皮の促進や繁殖行動に重要な役割をしているので、
そういう意味でも太陽って色々な力を持っていますね。


水辺のカメが列になって日に当たっているのには
色々な理由があるんですね。


th[3]


かむい動物病院HP

今日のわんこズ(ペットホテルの姫ちゃん&シナモンちゃん)

今日は只今かむい動物病院ペットホテルにご宿泊中の
とっても仲良しの2人をご紹介致します。


トイ・プードルのシナモンちゃんと姫ちゃんです。


20140918シナモンちゃん1


20140918姫ちゃん1

(スタッフがパソコン不慣れのため縦写真と横写真で大きさが異なり申し訳ありません)


2匹はとっても仲良しさん。
相方がお散歩に出かけると、ソワソワ、
一緒にいきたいな!が伝わってきました。


お持ち下さったごはんがいつもならペロリと食べてしまう
というなのですが、
いつもとは異なる環境に少しドキドキしているのか食べが少なかったので、
病院にある他のごはんをあげると、
2匹共美味しそうにすぐに完食していました。


うんちもおしっこもコンスタントにしっかり出ていて
スタッフもとっても安心です。


シナモンちゃんはお泊りも数日たつと
大分リラックスしてきて、
スタッフが近くにくると嬉しそうに尻尾を振ってくれています。
時々陰から様子を伺うと
後ろ足を大の字に広げてリラックスモードで寝そべっている所もあり、
大分緊張もほぐれてきているようです。


姫ちゃんは今回お泊り中に、
スケーリング(歯のお手入れ)を致しました。
処置中は麻酔もとても安定していて
心配な事もなく終える事ができました。
姫ちゃん、とってもお利口さんでした。
お口の中の違和感でごはんを食べない心配はなく、
次の日の朝のごはんはしっかり食べています。


シナモンちゃん、姫ちゃん、
S様がお迎えにいらっしゃるまで
のんびりまったりリラックスしてお過ごし頂けると
スタッフはとても嬉しいです。


かむい動物病院HP

今日のわんこ(ペットホテルのチョッパーちゃん)

今日は最近かむい動物病院ペットホテルにご宿泊下さいました、



トイ・プードルのチョッパーちゃんです。


20140916チョッパーちゃん1


チョッパーちゃんは5歳の男の子。
とっても明るい性格で、スタッフに甘えてきてくれます。


病院で用意をしたごはんは、
気が付くとお皿が空になっています。
食欲もしっかりあって安心ですね。

お散歩のリードを見ると、
行きたくてウズウズしてお部屋の中をグルグル回転してくれます。
お散歩中は、軽快な足取りで歩きつつ、
ウンチ&オシッコタイムになると
位置を決めるためにその場をグルグル回るので、
リードもグルグルグルグル。
スタッフはリードをもどすのに逆回転にグルグルグル^^


うんちは小さなうんちを数回に分けて出します。
少し柔らかめなのでチョッパーちゃんもおしりを気にしていました。


お泊り中にチョッパーちゃんはトリミングをしました。
トリミング中は終始とってもいいこさんで、
可愛らしいスカーフを着けておめかししました。


20140918チョッパーちゃん2


10月になるとハロウィン柄のスカーフも用意していますので、
もしよろしければまた是非いらして下さいね。


N様、お家に戻られて変わった事がございましたら
何でもご連絡下さい。



かむい動物病院HP

今日のわんこ(ペットホテルのマロンちゃん)

今日は只今かむい動物病院ペットホテルにご宿泊中の
全身サラサラフワフワの毛並がとても素敵なわんちゃんを
ご紹介致します。


チワワのマロンちゃんです。


20140916マロンちゃん1


マロンちゃんは4歳の男の子。
人の事が大好きなワンちゃんです。
スタッフが扉を開けると、
隙間から身を乗り出し、
嬉しくて嬉しくてスタッフの肩にまで飛び乗ってきてくれます。


お散歩中は軽快な足取りで歩いています。
マロンちゃんは特に草むらの匂いが気になる様子で
よく茂みの中に入ろうとしたのですが、
草むらにはダニなども潜んでいるので避けて歩きました。


マロンちゃんはとっても器用で、
ウンチをする時も足をあげてすることがあります。
ウンチはコロコロ健康な形をしています。


ごはんは持参下さったのですが、
用意をすると待ってましたと、すぐに完食する位
マロンちゃんのお口にあっているようですね。


O様がお迎えにいらっしゃるまで
のんびりまったりお過ごし頂けるとスタッフはとても嬉しいです。



かむい動物病院HP

今日のわんこズ(ペットホテルの新之助ちゃん&風太郎ちゃん)

今日は最近かむい動物病院ペットホテルにご宿泊下さいました、
いつも元気いっぱい2人組をご紹介致します。


トイ・プードルの新之助ちゃんと、
ビション・フリーゼの風太郎ちゃんです。


20140916風太郎ちゃん1




20140916新之助ちゃん1



2匹はいつも元気いっぱい!
スタッフの姿を発見すると、フルパワーで喜びを
表現してくれます。
新之助ちゃんがお散歩に出かけると、
風太郎ちゃんは「ぼくもだして!」とアピール。
でも、いざお外に出かけると緊張してしまうのか、
お外では固まってしまうので、
お部屋の中で運動しています。


食欲は競うように用意した瞬間に
ペロリと完食です。
これだけ美味しそうに食べてくれると、
用意するスタッフまでも嬉しくなります。


もちろんこれだけしっかり食べてくれるので、
便通もよく、コロコロした形のよい便が
しっかり出ていて安心印です。


お部屋の扉をあけると、
嬉しそうにスタッフの周りをグルグル回りながら、
お顔をペロペロしてくれました。


来院下さる時も、
お泊り中も、
帰る時も変わらず元気な2匹。
H家はいつもこんなに明るくて楽しいお家に違いないと
温かい気持ちになりました。


H様、おうちに戻られて変わった事がございましたら、
何でもご連絡下さい。


現在掲載が遅れておりまして、
大変申し訳ありませんでした。


かむい動物病院HP

今日のわんこ(ペットホテルのメルちゃん)

今日は只今かむい動物病院ペットホテルにご宿泊中の
とっても嗅覚のするどいわんちゃんをご紹介致します。


ミニチュア・ダックスフントのメルちゃんです。


20140910メルちゃん1


メルちゃんは14歳の女の子。
今回かむい動物病院に初めてのご宿泊です。


メルちゃんは実は以前からお目目とお耳が聞こえなくなっていると、
お聞きしたのですが、
その分お鼻がとっても利くようになったそうです。


お泊り中は、スタッフが見守る中
気分転換とちょっとした運動に院内をお散歩しました。
お目目が見えなくなると、いつもの環境と異なる場所では
特に不安が増し、立ちすくんでしまう事がありますが、
メルちゃんは、上手にお鼻を使ってゆっくり歩き、
スタッフの匂いをクンクン嗅いで近寄ってきてくれました。


また、ごはんを用意し始めると、
可愛らしいお鼻をフンフン動かして、
「そろそろごはんの時間だな」と、きちんと分かってくれます。
ごはんは好みがあるようで、
ササミや缶詰は好んで食べてくれました。


スタッフのナデナデに安心したように尻尾を振ってくれています。
Y様がお迎えにいらっしゃるまで、
のんびりリラックスしてお過ごし頂けると
スタッフはとてもうれしいです。


かむい動物病院HP

今日のにゃんこ(ペットホテルのサクラちゃん)

今日は只今かむい動物病院ペットホテルにご宿泊中の
ナデナデが大好きなねこちゃんを御紹介致します。


ミックスのサクラちゃんです。


20140901サクラちゃん1


サクラちゃんは、今回かむい動物病院二度目のお泊りです。
以前のお泊りを覚えていて下さっているのか
サクラちゃん、緊張することなくお過ごし下さっています。



ご持参下さったごはんが美味しくてたまらないのでしょう、
用意をした瞬間にペロリと食べてしまいます。
時には待ちきれずスタッフの手から直接食べてくれるほど
食欲旺盛です。


うんちやおしっこはきちんとトイレでしてくれます。


スタッフがお部屋の傍を通ると、
奥で休んでいても入口近くまできてくれて、
顔をスリスリ寄せてきてくれます。
体をなでると気持ちよさそうにウットリした
お顔をしてくれてスタッフもとても嬉しいです。


サクラちゃんのお顔はとても凛々しく、
いつか人の言葉でしゃべってくれるのでは、
と、思うほど人間味溢れる表情が何とも可愛らしいです。


〇様がお迎えにいらっしゃるまで
のんびりまったりくつろいでお過ごし頂けると
スタッフはとても嬉しいです。


かむい動物病院HP

Appendix

プロフィール

kamuikko

Author:kamuikko
はじめまして。
2013年1月14日に東京都東大和市に新規開院致しました、かむい動物病院のブログです。
都内でもまだ珍しい小鳥の専門科を併設しています。

犬・猫・鳥・ウサギ・フェレット・ハムスター・ハリネズミ・フクロモモンガ・チンチラ・デグー・リス・プレーリードッグ・モルモットなどエキゾチックアニマルまでさまざまな動物を診察しております。
皆様のお役に立てるよう日々精進致しますと共に、役立つ病院情報などブログにのせていきたいと思います。

かむい動物病院HP
http://kamui-ah.com

最新記事

カウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR